記念日にこだわり過ぎると嫌われるのは本当!?その真実とは?


アニバーサリー女がウザイわけ

 

  • 「初めて出会った記念日」
  • 「ふたりでデートした記念日」
  • 「告白された記念日」
  • 「キスした記念日」

 

…おいおい、ええっといくつ記念日作れば気が十分なの?

 

というほど女性はは記念日が好きですよね。
そして男性は記念日すら、きれいに忘れてしまう生き物です。

 

忘れ去ってしまおうものなら、
彼女は「ひどい!私のこと好きじゃないのね?」「信じられない」
と騒ぎはじめる始末です。

 

記念日は重要!?

クリスマスやバレンタイン、お誕生日やお付き合いしていた記念日…重要案件は必ず年に数回やってきます。

 

男性はは多忙ですから、イチイチそういった事を覚えてるわけなどあるはずがない、そう思いましょう。

 

毎日やるべきこと、覚えなくてはならないことが多すぎてそこまで頭がまわらない。

 

というか覚えられないのであると。

 

日付まで覚えている女

手帳に書いてあるのかわらないが記憶する女性は多いでしょう。

 

「いつだったっけ?そんなことあったっけ?」

 

と聞けばご機嫌斜め。

 

そういう彼女はきっと分厚い手帳をキープしています。

 

開けばそこには行事がいっぱい書いてあるのは間違いないはず。

 

いくつも記入してあることに充実感を覚えてしまうことになります。

 

何も予定や記念日がないということは、つまらない人生と同じなのです。

 

男性からしたら「めんどくさい。そんなただの数字」と思うようですね。

女性と言うものは、

「愛する人にここまで手を掛けてもらっている」

 

という証明が欲しいのです。

 

忘れていない=大事にされているということ。

 

贈り物があったりお祝いの食事したり、それらをされることで
「愛する男性に守ってもらっている」と感じるというわけです。

 

 

なぜここまで男女で違うのであろうか。

それは脳の違いとよくいわれています。

 

女性の脳には「女は守ってもらうもの」とインプットいわれています。

 

それはず〜と昔のことです。

 

男が狩りにお出かけし、女は家で男の帰りを待つ。

 

か弱い自分と子どもを守ってもらわないとあってはいけません。
これが刷り込まれているのでしょう。

 

生理周期を気にしたり、妊娠期間を計算したり、

 

脳の中でカレンダーがキチンと日にちを管理していたのだろうね。

 

女は収穫が仕事だった。

 

木の実がなる時期も計算していたのだと考えます。

 

男は狩猟の脳なのですね。

 

その日その日の、獲物に気を遣っていればよかったのです。

 

 

それじゃあ男性にとって恐怖なのは?


結婚後もこのような記念日攻撃が続くのか?

 

と言うこと。

 

日頃顔を合わせるたびに「記念日」と思われるのか…

 

心配ありません。

 

じつは結婚をしてしまったら独身時代のようにこだわることがなくなるのです。

 

とらわれるのは最初の数年間です。

 

子どもが生まれ忙しくなるとなかなか二人の記念日を思い出すことなどありません。

 

子どものイベントのほうに気が向きいますから。

 

大事なものが男性より自分の子どもになったというわけです。

 

最後に

本物の記念日だけあったらいい

 

毎月の記念日はお控えその分、× 12倍で年に一度の記念日を楽しめばオーケーなのです。
充実すると思います。

 

記念日はあり過ぎてもありがたくない。
たまにやってくるものだからこそありがたいかも知れないのです。

 

追伸

婚活サイトで全然成果や結果が出ないと悩んでいる方は原因があります。

 

ただ、なにが原因なのかはわかりませんよね?

 

ポイントとしては5つほどあります。

  • 柔軟性
  • 理想と条件
  • 利用サイト
  • 年齢
  • 会話

これらを共通ポイントこちらのサイトで公開しております。
真剣に改善して、一年以内に結婚できるようになりましょう。

 

婚活案内専門サイト